【悪魔判事更新】チソンドラマのあらすじ、感想ブログ

チソンの韓ドラのあらすじ&感想、セリフを翻訳します。韓国語勉強中

ロイヤルファミリー 作家インタビュー和訳

f:id:naachan_fun:20210528170940j:plain


ロイヤルファミリー作家さんのインタビューから、

結末に関する部分を抜粋して訳してみました。

なかなか興味深い事が書かれており面白かったです~!

 

www.hankookilbo.com

 

인숙은 자기 심판에 따라 죽을 수밖에 없었지만 그래도 각자 믿는 대로 봐달라고 열린 결말로 갔다. 죽여야 하는 게 너무 마음이 아파서 만날 울었다. 꺼이꺼이 울다가 보조작가들한테 '걔들 안 죽었다. 코르시카에 가서 잘 살 거다' 이러기도 했다(웃음). 지훈이 인숙과 헬기를 타고 가며 언급한, 생텍쥐페리가 실종됐던 섬 코르시카로 13일쯤 여행을 떠날 계획이다. 거기서 다정한 연인들을 보면 그들로 보일 것 같다.

 

インスクは自分の審判により死ぬ他なかった。
それでも各々が信じた通りに見てほしい、と開かれた結末にした。
殺さなければならないのがとても心が痛んで常に泣いていた。
おいおい泣いて補助作家に「彼らは死ななかった。 コルシカに行って幸せに暮らす」こう言ったりもした(笑)
ジフンがインスクとヘリコプターに乗って言った「サンテグジュペリが失踪したコルシカ島」に13日頃旅行に出発する計画だ。
そこで仲のいい恋人たちを見れば、きっと彼らのように見えるだろう。

 

元々死ぬ結末だったということで、やはり作家さんの中ではそういう事になっているのですね。

でも「各々が信じた通りに見てほしい」 というメッセージなので、私は2人が生きていると信じたいと思います。

2人を殺すのが忍びなくて、コルシカ島で幸せに暮らすと言ったりしていたという下りが面白かったです…!

 

tenasia.hankyung.com

 

권음미:

사실 처음에 유력했던 엔딩은 김인숙의 죽음을 확실하게 보여주는 거였다. 그런데 그렇게 잔인하게 심판하기엔 불편하기도 하고 시청자들이 느끼는 허탈감도 너무 클 것 같았다. 우리나라 시청자들이 착하다 보니 인숙을 믿고 싶은 마음이 한지훈과 비슷했던 것 같다. 일단 김인숙이 JK그룹이라도 어떻게 하면 좋겠다는 바람, 그리고 잘 살면 좋겠다는 바람이 느껴졌다. 그래서 약간은 열린 결말인 두 사람의 동반 실종으로 처리했다.

 

김영현 :

사망을 실종으로 살짝 바꾼 거지만 원래는 정말 다양한 안이 있었다. 김인숙의 부탁으로 한지훈이 김인숙을 죽이는 엔딩도 생각해 봤다. 자신은 그냥 사회에 알려진 대로 노블리스 오블리주의 상징인 채 죽고 싶다는 김인숙의 희망을 한지훈이 이행해주는 거다.

 

박상연 :

모두가 사는 엔딩도 있었다. 모든 사람에게 비밀이 있는 것처럼, 김인숙은 조니를 죽였고 한지훈은 어릴 때 미군 살해 사건의 진범이었으며 공순호는 사실 조회장을 죽였다는 거다. 그래서 모두가 서로의 비밀을 공유한 채 아무 일 없었던 것처럼 정가원으로 돌아가는, 물론 그런 비밀을 알게 된 이상 관계는 달라졌겠지. 그렇게 싸늘한 엔딩도 생각한 적이 있다.

 

김영현 : 하지만 공순호, 김인숙까지는 몰라도 한지훈의 캐릭터는 자신이 진범인데도 아닌 척 할 수 있는 사람은 아닌 것 같았다. 만약 누군가를 죽였다면 그 이유는 있었겠지만 그렇다 해도 그건 그 전까지 그려졌던 한지훈을 완벽히 배반하는 거니까 문제가 됐다.

 

ゴン・ウンミ:

実は、最初に有力だったエンディングはキム・インスクの死を確実に示した物だった。
ところが、そのように残酷に審判するのは不便だったり、視聴者が感じる不安感も大きすぎるように見えた。韓国の視聴者が善良なインスクを信じたい心はハン・ジフンに近かったようだ。
一旦は、キム・インスクがJKグループにいてどうしたら良いかという風、そしてうまくやれたら良かったのにという風に感じられた。だから少し開かれた結末である、二人が一緒に行方不明になったという結末で処理した。

 

キム・ヨンヒョン:
死亡を行方不明に軽く変えたのだが、元は本当に色々な案があった。
キム・インスクの頼みで、ハン・ジフンがキム・インスクを殺すエンディングも考えてみた。自分は社会に知られているノブレス・オブリージュの象徴のまま死にたいというキム・インスクの希望を、ハン・ジフンが履行するのだ。

 

パク・サンヨン:
誰もが生きているエンディングもあった。すべての人に秘密があるように、キム・インスクはジョニーを殺し、ハン・ジフンは子供の頃の米軍殺害事件の真犯人であり、コン・スノは実はチョ会長を殺したという物だ。
そして、誰もがお互いの秘密を共有したまま何も起こらなかったかのようにJKに戻って…もちろんそのような秘密を知った以上、関係は変わっだろう。

そんなひやっとしたエンディングも考えたことがあります。

 

キム・ヨンヒョン:
しかしコン・スノ、キム・インスクは分からないが、ハン・ジフンというキャラクターは、自分が真犯人なのに否定することができるような人ではないようだった。もし誰かを殺した場合、その理由はあったのだろうが、そうだとしても今まで描かれたハン・ジフンを完全に裏切る事になるから問題になった。

 

韓国の視聴者の間でも、インスクを信じたいという気持ちが強かったのですね。

その気持ちはとてもよく分かります。

不幸で不運な運命の中でもがくインスク、そしてそんなインスクを一途に愛し続けるジフンを見ていると、インスクの無罪を信じたいという祈りの気持ちがどんどん強くなっていきますので…。

 

作家さんが考えた色々なエンディングが興味深いですが、どちらのエンディングもハン・ジフンというキャラクターを壊してしまうと思うので、やはりあのエンディングが最終的に選ばれて良かったと思いました。

それにしてもジフンが米軍殺害事件の真犯人案ってひどすぎぃ…。

 

その他、8話のジョニー死亡から視聴率が落ちてしまったとか、インスクの成功劇で視聴率が物凄く良かったらその話のまま最後まで行く事もあったかも…等、作家さんの苦悩が語られていてなかなか興味深いインタビューでした。

このお話はこのお話で納得していますが…視聴率好調で、財閥で成功してハッピーエンドを迎えるインスクとジフンも見て見たかったなあ~。

 

もう一つのロイヤルファミリーってことで脳内で妄想しておきます!!!

 

チソン、ヨムジョンアのインタビューもツイッターの方でまとめてあるので

合わせてどうぞ。↓

 

twitter.com